兵庫県の新築中住宅で気密測定

ブログ始めました(*^。^*)

HPをリニューアルして初更新です。

これから住宅の工事の状況などを更新していきます。

早速!!兵庫県川西市で新築中の住宅K様邸

気密測定を行いました。

ついに!!C値 0.36㎠/㎡を記録\(◎o◎)/!

正南建設としては初めてC値0.36㎠/㎡を達成いたしました(ー_ー)!!

大阪の物件では0.6㎠/㎡前後が出てましたが………

今回樹脂サッシでトリプル硝子を使用し断熱材も吹き付けの

アクアフォームで気密性を高めたのが良かったと想います。

 

K様に約束しました、1階当り1台の空調機で冷暖房が

可能なはずです………

ちなみにQ値 1.71w/㎡Kです

正南建設が目指す高気密・高断熱の建物が完成間近です

引渡しの日が今から楽しみです(●^o^●)

   

驚異の気密測定                  断熱材の吹き付け

 

 

C値 相当隙間面積  大阪の基準値 5.0㎠/㎡

Q値 熱損失係数     〃     2.70w/㎡K

ちなみに

・C値とは、建物全体の隙間(㎠)を延床面(㎡)で割ったものです。

よって、今回の0.36という数字は床面積1㎡当り

0.36㎠しか隙間がないということです。 

・Q値とは、建物内から外部へ逃げる時間当りの熱量を床面積で割ったものです。

 

どちらも数値が小さいほうがよいということです(ー_ー)!!

 

カメダ>^_^<

2012年11月14日

カテゴリー:活動ブログ

大阪市旭区に根ざすこと20数年。「真心」で家を「造り」そして「守る」正南建設(しょうなんけんせつ)です。