外観ご紹介

すっかり遅くなってしまいましたが、昨年12月お引渡しの2つの物件について

後日お伺いする機会がありましたので、改めて外観写真を撮らせていただきました。

 

まずは堺市のU様邸。

建物前面の外構部分も完成し、凹凸の少ないシンプルな建物の外観に優しい雰囲気が

プラスされました。

ルーバー状のデザインを組み合わせたアプローチ部分のデザイン壁は、玄関ドアと

同系色で全体をまとめる役割を果たしてくれています。

敷地内の中央にシンボルツリーを配置し足元にも適度な緑があることで、U様邸を訪れる

人だけでなく付近を通行する人たちにとっても、さりげなく気持ちを和らげてくれる癒しの

アイテムになると思います。

 

 

そして大津市Y様邸

黒をベースにした渋い外観のY様邸。サッシを含め、ポイント色には白を配置しメリハリの

利いた配色です。無機質な印象になりすぎないよう、柱とベランダの格子は木材色を残し

アクセントカラーにしています。竣工当時はまだ寒く緑も少ない時期でしたが、周辺は

とても自然豊かなところなので、写真にもある綺麗な青空や豊富な緑に囲まれることで、

建物の印象も季節によって違って見えるかもしれませんね。

Y様邸は建物部分の前面にそれと同等の広さの敷地があり、その使い道はじっくり検討し

ご自身で造りこんでいくご予定。

菜園での無農薬野菜や自作のウッドデッキで読書やお茶、バーベキューなども

楽しめるかもしれませんね。

お楽しみが盛りだくさんで、次の定期点検にお伺いした時にどんな姿になっているのか、

私達も楽しみです。

 

 

立地条件やお好みによって、外観のデザインは様々です。

日々、住宅づくりに携わる私達ですが、自分たちだけの好みや経験の中の固定観念に

囚われることなく、お客様のご希望に近い提案ができるよう、できるだけ気持ちをまっさらな

状態にした中で、より良いアドバイスができればと思います。

 

たん(●^o^●)

 

 

2015年6月11日

カテゴリー:活動ブログ

大阪市旭区に根ざすこと20数年。「真心」で家を「造り」そして「守る」正南建設(しょうなんけんせつ)です。