寝屋川市有料老人ホーム「木楽里(きらり)」竣工

ご報告が遅くなりましたが、先月寝屋川市有料老人ホーム

「木楽里」が竣工・オープンしました\(~o~)/

 

 

レセプションには、各方面の関係者の方々や地域の方々を中心に、

私達も呼んでいただき完成とオープンを祝い施設の紹介が行われました。

木造であることを忘れてしまうような広々とした中通路や、日射しが

たっぷりの明るい個室は、ここで生活する人たちの気持ちにゆとりを

与えてくれます。

法的な問題や安全性・衛生面など、多くの人たちが生活する場として、

クリアしなければならない問題も数多くあり「木造=木のぬくもり」

といった部分を前面に出すことは叶いませんでしたが、その「骨格」の

部分の木のぬくもりは利用する人の心に働きかけ、やさしく包み込んで

くれることでしょう(ー_ー)!!

 

  

施設内にはデイサービスも併設されており、通所でのリハビリや入浴などの

“介助サービス”のみならず、今すぐ介助が必要でない方々に、より長く自立した

生活を続けてもらうための“健康維持”“健康増進”のためのプログラムも用意

されています。

平均寿命が80歳を超える今、「より長く生きること」だけではなく

「より長く元気でいること」が求められています。

その為に必要なサービスは、医療や介護だけには頼らず、元気を維持するための

お手伝いをしてもらえる場所なのかもしれませんね。

スタッフのみなさんは、入所・通所の方々に、より良いサービスを提供する

ために、日々試行錯誤をしていらっしゃいます。

利用者にとっても、スタッフにとっても、より安全で快適な生活ができる

施設づくりを目指して、私達もさらなる勉強を続けていかなければ!と、

あらためて気持ちが引締まる思いでした。

 たん(●^o^●)

 

 

 

 

 

 

2014年11月17日

カテゴリー:活動ブログ

大阪市旭区に根ざすこと20数年。「真心」で家を「造り」そして「守る」正南建設(しょうなんけんせつ)です。